北海道釧路市に位置する整形外科・内科・リハビリテーション科 |東北海道病院公式サイト

文字
サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • JR釧路駅から車で7分
  • 釧路空港から車で35分
〒085-0036 釧路市若竹町7番19号

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL 0154-23-3425

PAGE TOP

信頼され、親しまれ、選ばれる医療をこの地に。 選ばれる病院 東北海道病院

東北海道病院の6つ の専門外来

脊椎脊髄疾患・腰痛、股関節疾患・人工関節、肩関節疾患・鏡視下手術、手の障害とけが、膝関節疾患・人工関節、各分野のスペシャリストが専門外来を担当しています

人工関節置換術から、神経や血管の吻合などの超微細なマイクロサージャリ―まで。 先端設備を完備し、高度な医療の提供を可能としています。

マイクロスコープを駆使したマイクロサージャリ―

マイクロサージャリーとは、文字通り、マイクロ(微小)+サージャリー(外科)、微小外科のことで、通常の手術とは異なり、顕微鏡を覗きながら特殊な器具を用いて行う手術のことです。
顕微鏡下での剥離、神経外科、血管外科などに大きく分類されますが、形成外科領域では切断された指の再接着や切れた神経の縫合,血管吻合を用いた再建手術を行います。
事故や手術などで失った体の欠損部に対して、欠損部と他の部位から組織(骨、筋肉、皮膚、神経など)を切り離して欠損部に移植します。その際、移植先で血管や神経の吻合を行います。マイクロサージェリーが臨床の場で世界最初に成功したのは、切断された指の再接着で、日本人の医者によるものでした。

1.5テスラMRIによる精密な診断

MRI検査は、強い磁石と電磁波を使って身体の内部を画像化し診断を行う検査です。放射線を使用しないため被曝もありません。あらゆる角度の断面が撮像でき、骨だけでなく、椎間板や脊髄神経、軟骨、筋肉なども画像化できます。
当院では、1.5テスラMRI装置で撮像を行っており、背骨全体など広範囲にわたる撮像から、マイクロコイルを使用した手首などの微細な部位の撮像までそれぞれに対応した幅広い検査を行っています。

皆様に良い医療を提供し、信頼され、親しまれ、 選ばれる病院でありたい。

医療法人東北海道病院は、ベッド数183床の、民間としては釧路根室地方では規模の大きな病院の一つです。診療科は、整形外科、内科、リハビリテーション科 、麻酔科。
脊椎脊髄疾患・腰痛、肩関節疾患・鏡視下手術、股関節疾患・人工関節、膝関節疾患・人工関節、スポーツ疾患について専門外来を設けております。
リハビリテーション部門は、専門の理学療法士・作業療法士が担当し、運動器リハビリテーションT、脳血管リハビリテーションUの施設基準を採っております。地域包括ケア病棟は、病棟看護師の他に専任の医師・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーがおり、患者・家族と相談しながらチームで治療に当たっております。
看護基準は10:1看護で、手厚い看護を心がけております。保育所を併設し、24時間態勢で夜勤看護師のバックアップをしております。
東北海道病院は、皆様に良い医療を提供し、皆様に信頼され、皆様に親しまれ、皆様に選ばれる病院でありたいと願っております。

医療法人 東北海道病院の採用情報はこちらから

東北海道病院からのお知らせ

メディア・掲載・講演など